【テスト直前!!】現在大学職員が考える大学生が単位を落とさない10のアイディア

「日常」の記事

 

カバ婦人
カバ婦人

勉強しなさ~い!!

単位落として留年したら、自分でお金払って大学いきなさいよ!!

そんなことを言われ続けたごろゴマです(ω・`彡)з

単位なんてそこまで意識したことなかったし、大学生になってから単位が選び放題なことに戸惑った方もいらっしゃるのではないでしょうか?

そこで現在大学職員の私が考える大学生が単位を落とさないためのアイディアを10こご紹介します。

  1. クラブ・部活動の先輩から過去問をもらう
  2. 頭のいいやつのノートをコピーする
  3. ファミレス・カフェに同じ科目を選択している人と勉強する
  4. 自分で思い出す作業(ミニテスト)を細かく行う
  5. 徹夜はしない
  6. アルバイトのシフトをテスト後にずらす
  7. 音楽は聞かない
  8. 積極的に教える
  9. 携帯電話の存在を消す
  10. 方法にこだわらない

 


1.クラブ・部活動の先輩から過去問をもらう

教授
教授

毎年毎年、同じような問題をイチからつくるのは大変じゃの~

 

 

 

大学の教授も毎年毎年同じような問題を作るのはめんどくさいんです。
(もの好きもいますが・・・)

ですから過去の問題を少~しだけ変えて、学生が理解できているかを確かめるテストをします。

めんどくさがりの先生だと選択問題の選択肢も変えない先生もいます。

私が学生のときはテスト直前に「(1)の答えはウ、ア、エ、イ・・・ぶつぶつ」と答えの順番を暗記している学生もいたものです。

もう当たり前といったら当たり前かもしれませんが、過去問もサークル・部活動をやっている先輩方はもらえたりします。

持っている過去問の年数も人によって異なるので3、4年はかき集めましょう。

サークルや部活動を入っていなくても同じ学科の子は仲が良ければもらえるケース

もあるのでテスト前から過去問もらえるようにお願いしておきましょう。

○| ̄|_オネガイシマス

 


 

2.頭のいいやつのノートをコピーする

 

モン吉
モン吉

やばい!!この授業、ほとんど寝てしまった

 

前日にアルバイトや飲み会なんてやってしまうと、よくある光景ですよね。

私もカラオケオールしてからそのまま授業に行ったこともありました。(笑)

暗記系の科目だと最悪頭に叩き込んで覚えればいいのですが、理数系科目だと

教科書開いたところで「なんのこっちゃ?!」となると思います。

そんな病の処方箋として、オススメなのがノートをコピーするです。

 

モン吉
モン吉

それじゃ、勉強ならなくない?

 

 

もちろんコピーするだけでは勉強にはなりません。

しかしノートを書き写す時間があるなら、頭のいい子のノートで解き方を覚えて、

類題を解く方が何倍も実践的でテストの勉強時間を短縮できます。

しかし、全てはその頭のいい子のノートに左右されるので、順序よく解説書のよう

にきれいにノートをまとめている子もいれば、天才的に解答だけをたたきだしてい

る子もいるので、ノート選びは特に注意しましょう。


 

3.ファミレス・カフェに同じ科目を選択している人と勉強する

 

よく、ファミレスで勉強している大学生を見たことはないでしょうか?

私もドリンクバーだけを頼んで、朝から晩までいる人でした。

一人で勉強していると自分の解き方や覚える範囲が間違っていないか不安になって

きます。

そういったことを防止するためにも同じ科目を選択している学生と一緒に勉強することをおすすめします。

もちろん同じ科目なので同じ学科でなくても構いません。

大切なのは家でやらないことです。家で勉強しに行くと、ゲームしてしまったり、漫画読んだりと誘惑だらけです。

その点、ファミレスならお金はかさみますが、黙っていても料理は注文すればつくってくれますし、ドリンクバーにすれば飲み放題なわけです。

気軽に外に出入りできるわけではないのでテスト前の追い込みにはもってこいです。

ただしお店によっては、「勉強する方、お断り!!」というチラシが入口に貼られているお店もあるのでそこはよく確認の上利用してください。

また、お店を使わしてもらっている身ですので、

注文はなるべくしてあげてくださいね。ε( o・ω・)o


4. 自分で思い出す作業(ミニテスト)を細かく行う

あなたは「エビングハウスの忘却曲線」という言葉を聞いたことはありますか?

わからない人ように簡単にまとめました

エビングハウスの忘却曲線

A君はあることを覚えましたその後・・

20分後:覚えた内容の42%を忘れる
1時間後:覚えた内容の56%を忘れる
1日後:覚えた内容の74%を忘れる
1週間後:覚えた内容の77%を忘れる
1ヶ月後:覚えた内容の79%を忘れる

これはA君に限らず、あなたの脳でも起きているということです

オススメの復習タイミングも1日後、4日後、7日後、11日後、15日後、20日後・・・なんて言われてますが、

「そんなん細めにできないよー」「テスト前でそんな余裕もない」

という方がほとんどだと思います。

ですから1時間で半分も忘れてしまうので、そのぐらいで復習を挟みましょう

復習といっても、ガッツリ問題を解くというよりかは思い出す作業(想起する作業)を行って欲しいのです。

「たしかこんなこと書いてあって・・・こうだから・・・」と人は物事を思い出すときに初めて記憶に残そうとします。

ですからできるだけ自分の頭の中でたくさんプチテストを行うことがとても大切です。

計算系科目であれば、自分が「ここさえひらめけば(覚えていれば)解ける」

暗記系科目であれば、自分なりのストーリーやゴロでもつくってその箇所を

重点的にプチテストしていきます。

そうすることでいままで以上に1日の勉強したことを覚えているはずです。


5. 徹夜はしない

人は17時間以上起きていると血中アルコール濃度0.05%と同じくらい作業効率が落ちると言われています。血中アルコール濃度0.05%はビール1~2本分なのでもう酔っ払って仕事しているようなものです。

「寝る」ことは、体と脳を休めるだけでなく、記憶を整理し、まとめる役割もあります。
10徹夜で暗記して5覚えてるより
5覚えて寝て5思い出す方が効率てきではありませんか?

テスト前だとつい範囲を広げて覚えたい気持ちもありますが、思い出せる量をまずは覚えてから
少しづつ覚える範囲を広げる気持ちで勉強しましょう。

モン吉
モン吉

「覚える」より「忘れない」ということがなにより大切なんだね!!

 


6. アルバイトのシフトをテスト後にずらす

まあ当たり前と言えば、当たり前ですが、テスト前にアルバイト入れているなら当然時間の確保としてあらかじめシフトをテスト後にずらしてもらいましょう

勉強の質も大切ですが、勉強のある程度の量をこなすには空いた時間は確保する必要があります。

もしあなたが明日食べるためのお金があるなら、すぐにシフトはずらしましょう

テスト前に夜遅くまでやるきついシフトを入れるような職場であったり、休みの入れられないシフトなら即刻やめてしまったほうがいいと思います。

所詮アルバイトなわけですから、雇う側からすれば代わりなど探せばいくらでもいますので

 

森くま
森くま

ブラック企業に入る前にブラックアルバイトしてても時間の無駄だもんね

 


8. 積極的に教える

テスト期間に関わらず、覚えたことは積極的に誰かに教えるようにしましょう。

記憶の定着する最も効率的な方法は「人に教える」ということです。

教える人が周りにいない場合にも、人に教えることを前提に勉強するだけで、記憶力がアップして学びの効果が上がるということです。

一見、紙に書いてガリガリやるほうが効率が良さそうですが、時間単価で考えると、教える方がウェイトが小さくてすむのではないでしょうか?

 


9. 携帯電話の存在を消す

ミシガン州立大学の研究によると、人間の集中力は2.8秒で崩壊します!それぐらい人間の集中力というものはデリケートなものということです。つまり携帯を触って3秒以上触れている時点でもうあなたの集中力は切れているんですよね。

また、米・テキサス大学オースティン校の研究チームがこの4月に発表した研究では、スマホの存在を身の回りで認識しているだけで、作業や課題に取り組む能力と集中力が低下することが指摘されています。

つまり、携帯は電源を切るだけでは意味ないということです。いくら携帯電話の電源を切っているんだと言えど、机の上や目の留まるところにおいてはいけないのです。

ごろゴマ
ごろゴマ

携帯電話の存在ごと目の前から消さないと集中できないんだね。

もし、携帯があなたの周辺において場合、あなたの脳内は「スマホを気にしなくていい」と常に自分に命じていることで、皮肉にも一部の脳力を使ってしまっているのです。

したがってスマホが身近にあるだけで、テストで脳力を余すことなくフルに使うことができなくなってしまうそうです。

解決策としては物理的にスマホを目の見えない、手の届かない所へおいて置きましょう。

 


10. 方法にこだわらない

いろいろご紹介はしてきましたが、結局は最後は勉強時間です。質ももちろん大切ですが、それ以上に量は大切です。

勉強はたくさんの量から質を生み、あなた独自の効率的な勉強方法が確立します。

試験日が近いのに勉強本を買いあさっていては本末転倒です。(それは私なのですが・・・)
例えば、痩せたい人がいて、いろいろなダイエット方法を調べて知ったところで1kgも痩せないですよね?

いわゆるあなたには勉強のノウハウばかり知っているような、ノウハウコレクターになって欲しくないのです。

単位を落とさないための勉強として今回の9項目を注意するだけでもかなりの勉強効率がアップします。

「勉強する時間が少し伸びたな」「前より宿題早く終わったな・・・」

というのを少しでも感じてもらえたら嬉しいです。応援していますε( o・ω・)o

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました