大学職員がおすすめする大学生が経験としてやっておいたほうがいいこと10選

「日常」の記事

こんにちは!大学勉強しすぎてあまり遊ばなかったごろゴマですε(ミ´・ω・)

大学ってはいったはいいけど、勉強だけやってりゃいいのかな~

まあ正解っちゃ正解ですけど、私が卒業してみて「これやっといてよかったなー」というものから「これはやっとけばよかったなぁ」ということを今回ご紹介していきます。

 

  1. サークル・部活に積極的に参加する
  2. 同じ学科内の友達とお酒を飲む
  3. 学科みんなで旅行に行く
  4. 合コンをする・ナンパする
  5. 資格の勉強をする
  6. アルバイトしまくる
  7. 一人暮らしする
  8. 車の免許取る
  9. 海外旅行に行く
  10. 日記を書く

1. サークル・部活に積極的に参加する

これはやったほうがいいでしょう。

サークルや部活をやっておくと先輩方から過去問もらえたり、飯おごってもらえたり、彼氏・彼女ができたりするはず!私はできませんでしたが

私は10個のサークルに入りました。理由はサークル勧誘期間はタダ飯が食えるからです。タダ飯食えるのは良かったですが、本当に参加したサークルは一つもなかったので、学校ですれ違うときは挨拶するだけの気まずいお友達が増えました。笑

参加する部・サークルはなんでもいいと思います。休日家でごろごろ何もしないよりかは有意義ですし、参加したから大学の勉強の成績が下がることはまずないです。正直あんま変わりません。

特に興味のあるサークルがないなら作りましょう。「株サークル」「婚活サークル」「マサイ族を調べるサークル」「コスプレサークル」申請して、ある程度の人数が集まるなら学生支援に書類を書くだけで申請されます。


2. 同じ学科内の友達とお酒を飲む

1.サークル・部活に積極的に参加するが難しい、特に興味のあるサークルもやりたくねーって人は同じ学科の友人を作りましょう。

私は社会人になってから、同期とは仲悪くても、大学の友達は一生の友達として今でも交流があります。

社会人になったら、人間関係は自分から外に交流を求めない限り会社の人としかなくなります。

私は毎晩のように大学の友達と飲んで楽しい思い出が作れたのでおすすめです。


3. 学科みんなで旅行に行く

私の場合、群馬の草津温泉にみんなで行きました。幹事をやるはずだったのですが、私では心配だったそうで、潔くクビになり任せっきりの旅行でした。(笑)

今でも思い出の一つとして残っています。

車持ちの学生と乗り合わせで向かい、団体申し込みで少し値段も抑えられましたし

こちらも一度はやっていただきたいことの一つです。


4. 合コンをする・ナンパする

私は出会い系サイトで出会った人と3年間付き合ったり、

大学の友達とじゃんけんして負けた人からメールアドレスゲットできるまでナンパしまくるという今考えてもアホだな~ということをしたことがあります。

おつきあいする人は見つけなくてもいいです。おかげで人と話すことは苦にはならなくなりましたし、普段困難だと思うこともナンパしたときに比べたらたいしたことないな・・って思うことが本当に増えました。

苦い思い出も今となっては笑い話として話すことができます。

チャラいとかチャラくないとか

そういった次元では話しているのではなく、

あまり多くの人がやらない経験をすると人の器が広がります。

若いうちにできることはやっておきましょう。おじさんなってからやってたらそれこそ何してんの?ってなります。

やれることはやれるうちにやっておく、

誰かの目・他人の目ばかりを気にしてやらないことばかりな自分にはなりたくないですよね?

難しいなら相席居酒屋なんてものもありますから経験してみてください。


5. 資格の勉強をする

就職活動が始まる前になんかタメになることしたい!

そんな方にはぜひ資格の勉強をお勧めします。おじさんになってからですと物覚えが効率悪いですからね。

とりあえず学科関係なく、おすすめするのは

「簿記」「ファイナンシャルプランナー」

です。この二つはあなたの金融リテラシーを高めます。

学校教育では今までお金の勉強などやったことない方がほとんどだと思います。

どうお金が回っているのか、お金の使い方などのことに対して勉強になるはずです。


6. アルバイトしまくる

一度もアルバイトを経験したことがない方でしたら、こちらは必須項目です。

アルバイトの延長に社会人の就職がありますので、できるならいろんな他業種を数ヶ月ごとに経験しておくことをお勧めします。

長期休みであれば、リゾートアルバイトをして遠くの地で働くのも一種の手かもしれません。一人暮らしをしたことがない方も少しは経験できますし。


7. 一人暮らしする

実家暮らしか一人暮らしか迷ったら一人暮らしをしてみてはいいのではないでしょうか?お金もかかりますが、お金のやりくりをしたり、自炊したりとたくさんの経験が積めます。

あとは彼氏・彼女ができたら呼べますからね(笑)


8. 車の免許取る

これは取っておいて損はないです。車を将来取らなくてもいいですが、持っていたほうが自己を証明するものとしてとても便利です。クレジットカードを作ったり銀行を開設したり、パスポートを取ったりするときに運転免許証があったほうが必要書類が少なくなります。

業種によっては運転免許証を持っていないと仕事にならない仕事もあるのでもって置くとこをおすすめします。

運転免許証を取るには最低でも2週間~3週間はかかります。社会人になってからだとなかなか長期休みを取ることは難しいです。

会社が終わってから自動車教習場に向かうのも一苦労です。ぜひ学生のうちに自動車免許を取っておくことをおすすめします。


9. 海外旅行に行く

あなたがもし今まで一度も海外に行ったことがないのならぜひ行ってみてください。

私は大学の友人とよく長期休みに海外旅行に行きました。

この経験は就職活動で話すエピソードとしても役立ちますし、なにより人生経験として必ずいきるでしょう。

私は大学の友人と今でも海外旅行に行きます。そこで見た、日本と海外のあまりの文化や常識の違いにとても驚いた経験があります。

改めて日本という国がどういう国で日本人という人がどういった立場にあるのかを実感出来ると思います。


10. 日記を書く

よく、本やテレビを見ていると「日記を書くといいですよー!!」

なんてよく言いますけど実際にどれほど実行した人がいるのでしょうか?

ちなみに日記のメリットがこちら↓

  • 毎日の「素晴らしいこと」を記録すると自尊心を高める効果がある
  • また、定期的に書くことで、経験したことを安全な環境で追体験できる
  • 15分から20分の執筆を3から5回繰り返すだけで、トラウマやストレスなどの感情的な事象に折り合いをつけることができる
  • 書き続けることで、複雑なアイデアを効果的に処理し、伝えることができるようになる

 

これは素晴らしい!!でも続けられる人って少ないですよね・・・

 

 

ごろゴマ
ごろゴマ

続けられる人は少ない。でも学生時代の考えを記録しておくと後で見返したときに自分の成長を感じられるよ!!

 

 


以上が大学生が大学生が経験としてやっておいたほうがいいことです。

素敵なキャンパスライフが望めるのを期待しています。

もう一度まとめると

  1. サークル・部活に積極的に参加する
  2. 同じ学科内の友達とお酒を飲む
  3. 学科みんなで旅行に行く
  4. 合コンをする・ナンパする
  5. 資格の勉強をする
  6. アルバイトしまくる
  7. 一人暮らしする
  8. 車の免許取る
  9. 海外旅行に行く
  10. 日記を書く

コメント

タイトルとURLをコピーしました